2013年06月03日

ブドウだなぁ

月日がたつのは早いものです・・。

久しぶりの更新の言い訳ではなく・・・こちらをご覧いただければ↓↓

201306.JPG



ベランダにオットが作ったパーゴラ。
http://pilili.sblo.jp/article/45979086.html


あれから早2年。
立派に日よけとして育っているのだ!!


20130603-3.JPG

ナイアガラというブドウ。
去年は3つほど収穫できた。意外と甘かったのだ。


今年はもっと採れそうで大変うれしい。

日よけとしても今年はバッチリ。
(去年はまだシェードを使用しなければならなかった)

秋の落ち葉そうじが大変だけれど、ブドウが食べられるならやりますよ!

posted by なかた・み at 15:02| 家のこと

2011年06月14日

来年のために

何やらまたオットが始めている・・・

pargora1.JPG

今度はベランダだ!
まさか、でっかい看板でもつけるのか!←どこに向かって宣伝する気だ




これが完成形。

pargora2.JPG

「パーゴラ」だそう。日陰棚のことだとか。

春先にパーゴラを作る計画をオットから聞かされていたが
パーゴラてなに?どこにどんな風に?絵で説明してくれと頼んだが
面倒だったらしく「フフン。」で終わっていた。

ベランダ下の地面に植えたブドウを上まで這わせ、ブドウ棚を作るらしい。
これがベランダの日よけになるというわけだ。

うちは庇がステンレスの板なので、日があたるとかなりの熱をもつ。
パーゴラは庇の上から作ったので、ブドウが茂れば庇も熱くならずにすむというわけだ。

これでブドウも収穫できれば一石二鳥なのだ。

がしかし、今年の夏は間に合わないそう。
いつになったらブドウが食べられるのか・・・。

pargora3.JPG

早くブドウが食べたいなあ。

posted by なかた・み at 14:40| 家のこと

2011年05月27日

ドリルで穴開け

玄関からオットが「ちょっと来てー」

anaake.JPG

ドリルで穴を・・・。
何故にそこに穴を開けるのだ!!


ana.JPG


kagi.JPG

玄関網戸の鍵用です。

暑くなってくると、玄関は網戸にしているのだが
鍵がないのでつっかえ棒をしていた。

シンプルな鍵を付けてくれぇ〜付けてくれぇ〜という私の願いが届いた模様。

ありがとうございます。

posted by なかた・み at 12:24| 家のこと

2010年11月12日

揚げた後

この家に住むようになってから、以前に比べて揚げ物の回数が増えた。
なぜ少なかったのか。


理由その1 揚げ物をするのが危ない

 以前は壁に向かってついていたセットキッチン。
 揚げ物をするとき、ハッと気付くと子どもがハイハイやら
 つかまり立ちで「ねえ何してるの〜?」と後ろにいたりするので危険だった。
 今はリビングに向いていて(対面型)、子どもも大きくなったので。



理由その2 その料理法が得意ではなかった

 揚がっている?まだ?もういい?・・・結局揚げすぎてこげ茶色の悲しいからあげ。
 なぜかお好み焼きのような厚さでカラッとしてないかき揚げ。←油吸い過ぎ
 素揚げだったっけ?と衣がどこかにいった残念なエビ天。


理由その3 後片付けが面倒

 油がこんなところにまで!・・・飛ぶんですね、容赦なく。
 そして油が冷めるまで置いておく場所が、ないこともないがジャマ!!
 なにしろ狭かったので。


最近は、危なくないので回数が増え、さらに揚げ物の温度管理をコンロがしてくれるので
焦がさなくなり、回数が増えたことによりコツをつかむ。
油をさますスペースも確保。
ぉあっ!こんなところにも!!と次の日汚れを発見しても壁パネルなら濡れぞうきんでふくとすぐ落ちる。

設計段階でコンロの壁まわりは、せっかく好きにできるんだし、おされなタイル張りにしようかな〜
と考えたりもしたが、サッときれいにできる方が自分には合っている!と思い直し
キッチンパネルを選択↓↓
色は白。表面はツルッとしているが平らではなくとても浅い凹凸がある物。


※※※※※


ここから仕事モードに。
kabepaneru.JPG

キッチンパネルとはご存じの方も多いと思いますが、不燃化板にフッ素樹脂やメラミン、ホーロー、アルミ、ステンレスなど
で表面加工された壁に貼るパネルのことです。

熱や炎に強く(変色しません)汚れがサッとふくだけで落ちるので、油はねも簡単に掃除できます。
濡れたぞうきんで拭くだけでOK。洗剤は特に必要ないです。

質感は一般的に表面がツルツルした物が多いです。
キッチンだけでなく洗面所やトイレに施工することもできます。

コンロまわりの掃除を楽にしたい方にはおすすめです。
posted by なかた・み at 14:24| 家のこと

2010年06月09日

火を使う

我が家のガスコンロ。
 
konro2.JPGkonro1.JPG
 
コンロは比較的迷うことなく、と言っても迷いようがなかったのだが
これにした。 リンナイUdea(ユーディア)
 
近い将来子どもたちがキッチンに立つことも考えて、やはりここは「火」だなと。
火を使って料理することをまず覚えてから、IHでいいだろうと考えたのだ。
火を使わないから暑くない(夏場はうらやましい)
強火からとろ火まで火力の幅がある
お手入れラクラク〜♪
横に並ぶ3口などおされなIHもでてきたけれど・・・
 
実際IHクッキングヒーターでの調理も見学参加したことがあり、
慣れればこれも便利だな〜と思った。
 
しかしまだ我が家は早い、ような気がする。
学校の調理実習では、まだガスコンロだろうし。
外でやるBBQなんて炭で火をおこすし。
 
火に慣れてほしい。そしてこわい面もあるということを学んでほしいのだ。
 
 
なぜ迷いようがなかったのか。
3口ではなく、2口コンロを希望していて、これがそれほど商品の種類がなかった。
世の中の人は3口を使いこなしているのだろうか・・・ 
 
自分は料理が得意!でないので、3口を使いこなすことは無いだろうと。
奥のコンロはやかん置き場になってしまうだろうと。
だったら、2口でいいな!と。
 
天面操作なので、子どもがいたずらしにくい。(見えないから)
魚焼きグリルはオートグリル機能付き。
これを使い始めて、焼き魚を焦がすことがなくなった。
こげやすい味噌漬けでもまず大丈夫。←これを一番喜んでいるのはオットだ 
 
 
遠い将来IHに交換することも考え、IH専用回線もひいてある。
自分が子どもの頃に比べると、格段に便利になったと思う今日この頃。
posted by なかた・み at 11:35 | TrackBack(0) | 家のこと

2010年04月22日

寒くない家

午後3時すぎの外気温、8度。
冷たい雨も降り、寒っ。
 
外から戻って一歩玄関に入るとほあ〜と空気が暖かい。
今日はまだ一度もガスファンヒーターをつけていない。
 
 
だけど2階リビングの温度は、23℃だ。
2F-Living.JPG
 
1Fjimusho.JPG
午後2:42の時点で1階事務所は19.6℃。
 
 
これは昨日の太陽のおかげ。
うちはOMソーラー※というシステムを入れているので
よく晴れた次の日は、天気が悪く外気温が低くても
家の中は寒くないのだ。
 
 
※屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄え家全体を床から温めるというシステム。
夏は逆に屋根裏から排気して熱がこもらないようにする。
 
 
1階と2階の気温差はあるが、2階はどこも気温が同じ。
リビングもトイレも洗面所も。
ストーブやこたつに直接あたる暖かさではないが、寒くないのだ。
特に冬場やこんな天気の日はありがたみを実感できる。
 
 
ただ、この恩恵を受けられるのは晴れた日の翌日くらいまで。
さすがにその次の日は、室内の温度も下がってくる。
と言っても、以前住んでいた賃貸住宅よりは暖かい。
これは体感と暖房費に表れた。 
 
日中ファンヒーターなしで16、7度くらいかなと予想。 
 
寒い外から帰るのが楽しみな家なのである。
posted by なかた・み at 16:21 | TrackBack(0) | 家のこと

2010年04月19日

1年点検(4/17)

この家に引っ越してから早いもので1年がたつ。
spice-room.JPG
相羽建設による1年点検に合わせ、家づくりでお世話になった方々を
お招きし夜はささやかな宴会をひらいた。
 
みなさんに ありがとうございます! の気持ちをこめて。
納得のいく家をつくることができ、1年たって改めてみなさんとの縁を
ありがたいと思った。
 
バタバタ準備しワイワイやっているうちに、写真を撮るの忘れ・・・
自分は飲んでないのになぁぁ・・・
 
 
オットはそれほど強くはないが、飲むのが大好き。
この日は普段よりお酒もすすみ、とても楽しい 時間だったようだ。
 
年代もいろいろ、職種もいろいろ。
いろんな人のいろんな話。
そして自分たちの気持ち。
 
人と話すのって、いいものなのだ。
posted by なかた・み at 12:28 | TrackBack(0) | 家のこと

2009年09月14日

ちょいとゴロ寝

ソファ
ついにソファ購入。
無印やらIKEAやらニトリやらネットでもちょこちょこ探していたソファ。
 
 
肘掛け付きがいいオット←枕にするから
少し固めの座り心地がいい←腰痛もちの自分
 
 
ご縁があったのはここ!
NOyes 
うちはclas 3人掛けというソファにしたのだが、1回も実物を見ることなく・・つまり青山にあるショールームに行く時間がとれずHP上でいろいろ確認し、生地はサンプルを送ってもらい選ぶ・・・という方法をとったのだ。
座り心地を確かめなくていいのか?
生地の手触りや全体の感じを確認しなくていいのか?
注文生産なので失敗できないがいいのか?
正直迷ったのだが、カタログやホームページを見ているうちにだんだん不安もなくなり
「ここに決ーめたっ!」と自分の購入スイッチが入ったのだった。 
 
 
ここのホームページはソファを購入する上で、確かめたいポイントがネット上で確認できるようつくられている。
例えば掃除機のヘッドはこのソファの下に入る?とか。
搬入可能な条件も大事だけど、主婦にとっては掃除しやすいかも大事なポイントなのだ。
実際の大きさもイメージしやすいような説明や画像が多くて、よくできたページだなあ〜と。
 
 
生地のサンプル7p×7pも気になる物を11種類請求。2,3日で届いた。
新聞を実物の大きさに合わせ置く場所を確認したり、昼と夜のサンプルの見え方の感じを確認し生地を決定。
部屋にあるプリーツスクリーンに合わせ深緑系の色に。
 
 
 
届いて喜んだのは子どもたち。
ふたりでポ〜ンポンはねるはねる!!←思ったより早くへたっちゃうかもしれん T□T
おとなは子どもらが寝た後、TVを見ながらゴロ寝。 
といっても一人しか寝られないので、早い者勝ちである。
敗者は長座布団行き。くぅ〜2人掛け欲しい!!
posted by なかた・み at 15:48 | TrackBack(0) | 家のこと

2009年08月19日

これは何でしょう?

これは何?
洗面所の窓から突き出すこの棒は・・・
まさか先っぽから何か出てくるのか?!
正解は〜〜

タオル掛けでした。
バスタオルやフェイスタオルなど、どこに掛けるか悩んでいたのだ。
天井からつるす・・・壁にはしご状のタオルバーをつける・・・ 
市販の床置きタオル掛け・・・
我が家の一番使いやすいカタチとは・・・
そしてオットが考案し、試作し、この度完〜成!
洗濯しづらいのでは?←ドラム式なのでジャマにならない
なぜ8本も?←バスタオルとフェイスタオル1本ずつ×4人分
窓をふさいで暗くならない?←天窓があるので大丈夫
あとは切りっぱなしの先端に合うぴったりのキャップを探すだけだぁ。
posted by なかた・み at 10:34 | TrackBack(0) | 家のこと

2009年08月03日

足裏はサラサラ

IMG_0013.JPG
床は杉の無垢板をはっている我が家。
それまで住んでいた借家の床はフローリングだった。
夏はペタペタする感触だったが、杉はサラサラな感触。
4月の肌寒い気候のときは冷やっとせず温かかった。
素足がとても気持ちよ〜いぴかぴか(新しい)
「あたりがやわらかい」ってのはこういうことか!と実感。
やわらかい・・・ということはキズがつきやすい。
硬い物を落としたりイスをガーガー引きずるとすぐキズが。
でも、んあぁっ!凹んでるじゃないか!!と気になったのも最初の一ヶ月だけ。
だんだんと気にならなくなり、(あちこちキズがつくから)ひどく凹んだものは水をたらして様子をみていると
へこみの8割ほど復活することにも気がつき←相羽建設さんありがとう
キズも味になっていくのね。。。とひとり納得しているのであった。
*************
リフォームの選択肢には、フローリング貼りだけでなく無垢板を貼るというものもあります。
もちろん料金に差はありますが、心地よい暮らしのために選択肢のひとつとしてお考えいただくのもよいかと思います。
スパイスルームでは事務所の床も、杉板を貼っています。
無垢板ってどうなの?さわってみたいというお客様に実際確かめていただくことも可能です。
posted by なかた・み at 14:05 | TrackBack(0) | 家のこと